大豆、落花生、あずき 順調に育ってます

2013.10.03

トージバこうざき畑担当のかんざわです。

今年は、大豆に加え、落花生、小豆もかなりの量作付けしました。畑は点在しているんですが、全部で約5反やってます。

夏は日照りが続きましたが、9月にタイミング良く雨が降ってくれたお陰で、実付きはいいです。

このまま順調にいけば収穫は期待できます。

無肥料3年目、土もいい感じになってきました。

自然農法、自然農、無肥料栽培、パーマカルチャー、いろいろな農法がありますが、
それぞれのいい所といまの自分の置かれている状況と環境を鑑みて、最適な手法を模索する日々です。

畑に行くたびに、本当に勉強になります。そして、いつも状況は変わっていくのを見て、感じて、対処して、うまくいくこと、うまくいかないこと。。その繰り返しで、得られた収穫物をありがたくいただく。

自然と向き合う生活の楽しさと厳しさを実感しています。

草と共生する大豆 大豆が少し有利になるように手助けします。

よく実が付いてます。10月1日にはじめて食べましたが、いつもながら
こうざき在来の枝豆はおいしいです。これから2週間は毎日枝豆です!

こちらは落花生の畑 草に埋もれかけてますが、これでも草取りはかなりしたんです。
今の農村では、草を生やすのはNGです。1本も草が生えていないのが勤勉な農家の証になります。
草を生やすことは怠けていることと見なされます。
自分の中では、端から見て「畑に見える」というのが基準になってます。
でも、ここの畑を貸してくれている大家さんは寛大な方なので、こんなに草を生やしても文句は言われません。
そういう畑でないと借りることはできません。

千葉・半立という落花生品種の花

あずきの花

このあずきは、隣のばあちゃんに分けて貰った種なんですが、それまで何度も、種屋さんで買った種を蒔いて失敗ばかりしてきたんですが、この種は、言われたとおりに蒔いたら、虫も付かないし収穫も多い。話を聞くと隣の集落から嫁に来たばあちゃんが嫁入りの時にもって来たそうです。その前からこの地で育ってきた種なんですね。少なくても100年近くこの地で毎年毎年この地で育ってきた種は当然この土地の気候風土に合っているので、気候変動や病虫害に強く、あずきのでつくったあんこの味は当然、この土地のあんこの味になるんですね。これって凄いことです。

これからもずっと種を蒔き続けていきたいですね

トージバ かんざわ